Home > 株・先物・マネー > 大阪証券取引所見学

大阪証券取引所見学

 武富士やその業界がどうなろうと、北朝鮮の後継者問題の方がまだ自分には関係があると思っているわけですが、声が大きいだけの人たちにマスコミが飛びつくためにマジメにやってるふつーの多くの人たちが割を食う流れはいかがなものかと思うわけで。

 週初めにスーパーフライヤーズカード(クレジットカード)申込書を提出しましたが、既にANA-JCBを持っているのでANA-SFC-JCBへの切り替えという扱いで、現住所や勤務先すら書く欄がない簡単な申込用紙だったのですが、融資枠については記入欄があって改めて希望を書けと、ここで総量規制の影響で融資枠を希望する場合は収入証明書類を添付しろと。メンドクせぇ~

 海外での1回払いキャッシング枠はあった方が安心ではあるけど、これまで10年以上キャッシングなんて1度もしたことがないので、3年着なかった服は捨てていいというルールからすると、キャッシング枠なんていらんだろうと、今回は枠希望なしで提出しましたよ。っていうか、カードのキャッシング枠なんてMaxでも50万円なんだから、それが1/3として150万円でしょ、世の中には多重債務者がそんなに多いん?


 で。9月のとある木曜日、平日休みで大阪となれば平日しか行けない場所へ、東証は何年か前に見学しましたが、今は株よりも昨年から始めた日経平均先物の方を注視しているので、大証も一度見ておきたいと思ってたのよね。

北浜、難波橋から中之島・大阪市中央公会堂

北浜、難波橋から中之島・大阪市中央公会堂

大阪証券取引所

 大阪証券取引所、古+新でイイ感じです。...と書いて、大阪だしふと思いついたフレーズ、古田新太は劇団新感線です(-。-)ボソッ

大阪証券取引所

 正面から入ってすぐの吹き抜け空間なロビー、個人見学は事前予約不要で、右側に見えてる大証専用エレベーターで4階に上がって警備員さんに見学を申込、

大阪証券取引所

見学というほどたいして見どころはないと事前リサーチはしていたけれど、4階はこれだけ。

大阪証券取引所

 会見場もありました、ロビーの垂れ幕もそうでしたが大証的にはFXオシなのね。ところで、最近はお役所にまである会見場のバックの市松模様的ついたて、これの起源ってやっぱりF-1でしょうかねぇ?


大阪証券取引所

 そして5階に上がって、ここが唯一の見どころという大証マレットって名称のついているシステム売買室、東証もそうですが立会取引がなくなって電子的で目に見えないトラフィックなわけですが、でもピコピコしてる感を感じてきました。

 自宅で出した注文はここにきて通ってるんだなという意識が持てたってことが電子的だからこそ大事かな、と思って見学に来たわけです。

大阪証券取引所

 上の絵の右下に見えてるポスターの拡大。7月20日から日経平均先物取り引きの夕場が16:30~20:00から23:30まで延長されて、サマータイムのうちはNY市場と1時間かぶるし、かつての日本の機械受注のように、21時頃からのアメリカの各種指標発表でけっこう動きがあったりして、サラリーマンらには嬉しい取引時間延長となってます。でも、ピコピコしてるとつい注視してしまうので、それで稼げなかったらものすごい時間の喪失感なのですが(-。-)ボソッ


 ちなみに、見学の効果が出たのか9月の日経平均先物(ミニ)は好成績、取引回数15回で +15+15-25+30+30+10+20+15-30+15+110+10+10+10+20 = +310-55 = +255、毎月このぐらい稼げたら淀と府中に出張所が借りられそうですが、でも今年の累計はまだマイナスだということを付け加えておきます(-。-)ボソッアクセス解析

関連エントリー

Comments:2

さとー 2010年10月 1日 08:42

む、NEX-5…

使い心地はいかかでしょう?(-。-)ボソッ

アンブル 2010年10月 1日 23:04

>さとーさん
話のポイントはいくつかありますが…、ちょ、そこですか!
写真のExif情報を見てる男の人って(-。-)ボソッ

SONYのNEX-5、評判は聞いていたけど、
アキバのヨドで実物を手にとってみたら、やられちゃいました。

ソフトキーでの各種設定操作はかゆい所に手が届かない、もとい、
手が届いても掻いてはいけないもどかしさ的なものはありますがw
# 苦しんでるところをネタにしてすまぬ、許せよ(-。-)ボソッ
# 愛娘の運動会にも行けないってかわいそ過ぎます、おだゆうじ。

コンデジから上がってきた層がメインターゲットであると思えば
よくできてあるとも思えるもので。

でも、小さいとはいえコンデジのようにポケットには入らない
気軽さ程度だし、良くも悪くもコンデジと一眼の間で、、、

コンデジから上がってきた意欲のある人たちの大半は、
ここを通過してやがて一眼へと進んでいくんじゃないかという気もして、
その間のステップとして市場を開拓したのはエライなぁと。
(…チャレンジ精神も感じるし応援の意味も込めて買ったという言い訳)

やっとEマウントのロードマップも発表されましたので、
コンデジと一眼の橋渡しを終えた後は、一眼を持ってる人のサブ機
としての成熟という方向性もあるかもしれませんね。

他にも思いつくことはいろいろありますが、
とりあえず今日はもうひとつだけ書いておくと、NEX-5は
バリアングルではないけど上下方向にはチルトする液晶モニターで、
会見場の写真なんかは、ファインダーを覗いてではこれまでの自分では
撮れなかった構図かなぁとも思うわけで。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://amble.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/257
Listed below are links to weblogs that reference
大阪証券取引所見学 from AMBLE blog

Home > 株・先物・マネー > 大阪証券取引所見学

For your POCHItto Life

BlogPeople
Feeds
アクセス解析

Return to page top