Home > 写真・カメラ > | 旅行 > 勝どき橋を封鎖じゃなくて、跳開せよ

勝どき橋を封鎖じゃなくて、跳開せよ

 震災後避けていた東京、7月の連休にノープランでの訪問、パークウインズ時の府中は初めてでした。

府中競馬正門前駅

メインレース後だけど、前の列車が発車直後で閑散とした府中競馬正門前駅。

府中競馬正門前駅

 駅のホームの柱って古いレールが使われてたりして、その刻印をウオッチするとかって味わい方なんてのも町田忍さんの番組で教わりましたが、電車を待っていてふと目にとまった柱標、自分と同じ歴史を持ってるんだなぁと。

 帰ってwikiで調べるとこの駅の開業は1955年(S30年)4月29日でした。ちなみに、東京競馬場が目黒から府中に移ったのは1933年、ってことは、この夏「80年目の夏、小倉沸騰」と80周年イベントを組んでいる小倉競馬場の方が2年先ってことですね。

 お盆に海外競馬遠征第2弾の予定なので、小倉は夏の終わりかなぁ、期待させちゃってるから行かねばならんだろうなぁ(-。-)ボソッ


 今回の宿は梅田では定宿の新阪急ホテル、東京では初めての東京新阪急ホテル築地。直前バーゲンプランで部屋指定はできないタイプでしたが、いい景色が見れました。

東京新阪急ホテル築地からの夜景

 手前が勝どき橋、左手は月島、奥はレインボーブリッジに、左奥の明るいところがお台場の観覧車とか韓国推しのテレビ局とか。東京湾岸が一望できてスバラシイ!!

 時期的に映画の宣伝ではありませんからねw こち亀での勝どき橋のエピソードはさておき、両さんの実家は月島の佃煮屋だったわけで、あの辺なのかなぁと思ったりしながら、そういやまだ自分、もんじゃ童貞でした。

東京新阪急ホテル築地からの夜景

東京新阪急ホテル築地からの夜景


大きな地図で見る


 ここ、聖路加タワーには日テレのお天気カメラがあって、いい景色だなぁとは前から思っていたわけで。おもいッきりテレビで、テーマ曲が流れてここのお天気カメラからの映像で下部に提供クレジットが流れぇの、♪今日は何の日、ふっふっ~!ってコーナージングルに行く13時過ぎの流れをよく見ていた記憶があって。

東京新阪急ホテル築地からの景色

翌朝はこんな感じ。

東京新阪急ホテル築地 間取り

 ホテルは32~38階部分なので部屋はすべて高層階で、4方向すべてにあります。自分が泊ったのは南東向きで、

東京新阪急ホテル築地からの景色

 翌朝、朝食を摂ったレストランは南西向き、直下に築地市場、浜離宮、東京タワーも見えます。最近は結構なグレードのホテルでもブッフェスタイルだったりするのですが、ここのように定食スタイルの方がゆっくりできて好きです。

東京新阪急ホテル築地からの景色

ファイナルアプローチ中のANAのジャンボ(Boeing 747-400)も見えたり。

東京新阪急ホテル築地からの景色

下をのぞくと、隅田川の水上バスもサイバーだねぇ。

(宿泊日:2011年7月17日)アクセス解析

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://amble.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/288
Listed below are links to weblogs that reference
勝どき橋を封鎖じゃなくて、跳開せよ from AMBLE blog

Home > 写真・カメラ > | 旅行 > 勝どき橋を封鎖じゃなくて、跳開せよ

For your POCHItto Life

BlogPeople
Feeds
アクセス解析

Return to page top