Home > 雑記・徒然 > | 音楽・映画・テレビ > Not young, But Alive, Sometime in love

Not young, But Alive, Sometime in love

 夏も終わったことだしブログ再開しますよ。twitterでつぶやいていると、もう既出だなという気持ちになっちゃうんだけど、ログとしてちゃんと残しておきたいこともありますし。少ないながらウォッチしてくださっているみなさまお待たせしてごめんなはり線(-。-)ボソッ

 なかなか鋭いツッコミも入っていたのですが、お盆休みにロスに行った後はひと夏のアレ的な、ぶっちゃけると性欲を満たすための行動に多くを費やしていたわけで、振り返るとただエロの絶頂に持って行くためだけにどんだけのリソースを費やしたのよ、と思っちゃうわけで。


 サブカルな二次的副次的な世界に生きてると、人間としての基本を忘れてしまいそうになりがちなのは僕だけじゃない日本全体的な問題だと思ってます。出生率が危機的って話なんて、少なくとも自分がオンタイムで予備校ブギ(1990年のTBSドラマ、主題歌:恋とマシンガン(Young, Alive, In love)/フリッパーズ・ギター)だった時には出てましたから、そこから20年、状況はまったく好転していないわけで、目先のことばかりで内閣が毎年変わるような今の仕組みでは無理ってことなんでしょうね。


 サブカルな世界でいうと、リア充オタクという二大政党体制でうまくやれていると思うわけで、100%どっちかで宗旨替えできないって制度ではないので、その辺はバランス感覚にはたけている日本人はうまくやれるんじゃないですかねぇ。

 恋とマシンガン(Young, Alive, In love)なんて、今聴いても全く古さを感じないサウンド的にはチャラめなリア充っぽいけど、謎が多いながらも歌詞的には恋をしたい男の子というオタク的な青い雰囲気もあって、人は二律背反を背負って生きるもんなんだろうね。

...という、エロの言い訳を壮大に仕上げる、これぞスーパー賢者タイム(-。-)ボソッ


アクセス解析

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://amble.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/290
Listed below are links to weblogs that reference
Not young, But Alive, Sometime in love from AMBLE blog

Home > 雑記・徒然 > | 音楽・映画・テレビ > Not young, But Alive, Sometime in love

For your POCHItto Life

BlogPeople
Feeds
アクセス解析

Return to page top