Home > 雑記・徒然 > | 音楽・映画・テレビ > 光の中へさあ君と ~ 証

光の中へさあ君と ~ 証

 仕事中にチラッと目に入ったNHKのみんなのうたで気になった曲があって、後日2度目に遭遇した時にしっかり見てみると涙腺をやられそうになって、帰宅後ググったら、flumpool「証」(あかし)という曲だと判明、今回はポイントよりもスピード重視でAmazonの方でポチったらちゃんと翌日に到着。

 さっそく届いたCDを聴いてみると、確かにイイんだけどそれほどでもないゾ。。。 考えてみると、涙腺を攻撃していたのはみんなのうたオリジナルのアニメーションの比重も高かったのかなと。

 そのアニメには、歌詞のイメージを補足する的な、けど歌詞とは別のストーリーが描かれていて、、、 僕が特にどのシーンにやられたかを語るとトラウマを心理分析されそうなんでやめときます。NHKだし現在放送中なのでさすがにyoutubeには上がっていないので、公式サイトで放送時間をチェックしてご覧いただくしかないのですが。


 証という曲も、カップリング曲の覚醒アイデンティティを聴いても、いわゆるミスチルテイストで僕の好みな要素ガッツリなわけで、けど少し薄く感じるのは僕自身がだいぶんと歳をとったせいかもね。どこかで聞いたことあるようなフレーズの詰め合わせではありますがそこはダメとはいいませんよ、むしろベタが良かったりしますし(-。-)ボソッ

 青春迷子けど進め系ってのは世の中の時代に関係なく、人生の中の時代として誰もが通るところでもあり振り返るところでもあり、手堅い需要があるんだと思うんですよ、これからも次々と新しいアーチストが出てくるんでしょうねぇ。


 そしてこの 証 という曲、今年のNHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲でもあるようで、合唱Ver.もyoutubeで聴きましたが、男声が入ってた方がいいし、歌詞の内容からしても中学生よりも高校生に歌ってもらった方がいいのではないかと個人的には思ったり。

 ちなみに自分、小学生の時はコーラス部で、このNHK全国学校音楽コンクールに参加しました、しかも1度は最優秀校(現在でいう全国大会金賞)にもなってNHKホールで歌ったこともあるんですよ~って昔話、

 数年前にその当時の歌声がネットで聴けることを発見して、この中に30年ほど前の自分の声も入ってるんだ、しかもNHKだからしっかりとアーカイブ管理されて、自分の死後もずっと残るんだろうなぁと思うと、なんだか胸熱なのです。

 ちなみにちなみに、その時の上京が自分の東京初体験で、新幹線初体験だったのですよ。NHKの隣の渋谷公会堂(ネーミングライツで現時点ではC.C.Lemonホールですが契約更新しないらしいね)を見て、ここで「紅白歌のベストテン」や「ザ・トップテン」をやってんだぁと思った、そっと思いだしたあの日の僕らなのです(-。-)ボソッ
アクセス解析

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://amble.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/291
Listed below are links to weblogs that reference
光の中へさあ君と ~ 証 from AMBLE blog

Home > 雑記・徒然 > | 音楽・映画・テレビ > 光の中へさあ君と ~ 証

For your POCHItto Life

BlogPeople
Feeds
アクセス解析

Return to page top