Home > 旅行 > 八甲田山・秋

八甲田山・秋

  • Posted by: アンブル
  • 2011年10月30日 22:06
  • 旅行

 新青森駅でレンタカーを借りて南へ、北海道と沖縄以外で、空港営業所以外でレンタカーを借りるのは初めてで、のどかな営業所でした。市内から1時間かからないドライブで八甲田ロープウェイへ。

 山麓駅が標高670m、山頂駅が1320m、101名乗りのゴンドラで10分、そこから本格登山もできるし一般人も気軽に訪れられ高山植物の宝庫というシチュエーションは、昨夏訪れた北海道の旭岳ロープウェイと同じ感じで。

 お手軽だし、紅葉時期ということもあって十分でない駐車場が満杯で車を止めるのにかなり時間を費やして、ロープウェイに乗るのにもピストン運行を3回待ちの約40分。

八甲田ロープウェイ

八甲田ロープウェイ

八甲田ロープウェイ

上りゴンドラ前方からが今回一番紅葉を感じた瞬間で。

八甲田ロープウェイ

八甲田ロープウェイ

山頂駅から青森市街、遠くは北海道方面

八甲田ロープウェイ

八甲田ゴードラインという30分と60分のお気軽散策コースへ、この辺りは低い笹や冬は樹氷が見られるトドマツなど、あまり紅葉する木はなく。。。

八甲田ロープウェイ

八甲田ロープウェイ

八甲田山という山はなくこの辺の総称で、映画にもあった、赤倉岳・井戸岳・大岳のスリーショットが定番か。

八甲田ロープウェイ 田茂萢湿原

八甲田ロープウェイ 毛無岱

随所に湿原も見られて、上は田茂萢湿原、下は手前上下2段に分かれる毛無岱という湿原。

 山麓駅にも山頂駅にも映画・八甲田山のスチール写真が展示されていましたが、なんとなく見た覚えがある程度だったので、帰ってからレンタルして見直しました。実際の話は1902年、映画は1977年、「あっち側とこっち側から冬の八甲田山越えを目指したけど事故って2つのコースの明暗が出た」って話。

 それだけの話。この映画に限らないけど、最近のドラマや映画の脚本は複雑を求められ過ぎて大変だなぁと気の毒に思うぐらい。そして、高倉健は既に完成されているけど、他の出演者がみんな若い、冒頭、北大路欣也が認識できなかったぐらい(-。-)ボソッ

(訪問日:2011年10月9日)
アクセス解析

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://amble.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/293
Listed below are links to weblogs that reference
八甲田山・秋 from AMBLE blog

Home > 旅行 > 八甲田山・秋

For your POCHItto Life

BlogPeople
Feeds
アクセス解析

Return to page top